Mac奮闘記

Macお役立ち情報&レビューブログ

MacのCaps Lockキーをコマンドキーに変更

WindowsユーザーがMacのキーボードに慣れるのは時間がかかる?

 

Windowsを長年使ってきた私にとって、Macのキーボードは慣れないところがあります。

 

最もメジャーなところだと、Ctrlの位置が違う!というところでしょうか。

 

Macではcommandキーが同等の機能を持ちますが、場所が左から3番目にあるのです。

Windowsですと、AltキーやWindowsキーが配置されている場所です。

 f:id:logiclife:20181211231451j:plain


コピペなど最も使用頻度の高いキーの位置が違うのは、長年Windowsを使っている熟練者になればなるほど違和感を覚えるのではないでしょうか。

 

Macのcommandキーを右下に変更する方法

 

 

システム環境設定から、キーボードを選択します。 

f:id:logiclife:20181214091902p:plain

 

キーボードのメニューの右下にある、修飾キーをクリック

f:id:logiclife:20181214091924p:plain

 

CapsLockキーにcommandの役割を持たせ、commandキーにCapsLockの役割を持たせる場合は、以下のように設定します。

f:id:logiclife:20181214092007p:plain

CapsLockはそもそも不要!と言う方は、以下のようにCapsLockにcommandキーを割り当てるのみです。

こうすると従来のcommandキーも、CapsLockキーも、両方ともcommandキーの役割になります。

f:id:logiclife:20181214093252p:plain


 

 こうすることで何となくWindowsの操作感に近付けることができます。

しかし、変更することでのデメリットも発生します。

 

例えばMacの場合は[command]+[Shift]+[3]を同時に押すとスクリーンショットが撮れます。

 

これは恐らく指の配置を元に考えられているものだと思われますが、commandキーの位置が変わると少々押しにくくなるのです。

また、CapsLockキーがショートカットの組み合わせに割り当てられているものもあります。ただあまり頻度の高いものではないと思いますが、先々どうなのかは私にもまだわかっていませんw

 

もちろんこういった数々のショートカットの組み合わせも、自分でカスタマイズ可能ですが、様々なショートカットをカスタムしていくのは非常に手間がかかる作業です。

 

時間をかけて自分だけのMacに仕上げて行くのか、Mac特有の操作を体に染み込ませてスペシャリストを目指すのか!?w

 

少し悩みましたが、Mac色に自分を染め上げていく為にも?w、デフォルトのまま使用していこうと思っています。

カスタムしたい方は上記の画像を参考にしてみてください!