logiclife’s blog

Mac初心者の奮闘記

Apple認定整備済製品はオススメ?

Appleの公式サイトには「認定整備品」というものがあります。

具体的にはこちらのリンクが説明してくれています。

 

www.apple.com

 

例えば未使用で返品されたもの等のいわゆる「新古品」に該当する商品と思われます。

なかなか値引きのないMacを最大15%引きで購入できるというものになります。

 

中古店で購入するのもアリだとは思いますが、安心感は整備品の方が上のような気がします。

 

www.apple.com

 

 

この整備品ですが、人気商品はすぐ無くなってしまうようで、場合によっては1時間と持たず売れてしまうこともあるようです。

 

2018年発売のMacBook Air、2018年のMac miniなんかは数も少なめで、在庫に登場すると結構すぐ無くなってしまう印象でした。

 

MacBook Proの場合は、13インチモデルの方で、メモリが16GBのものが登場するとすぐ無くなるみたいですね。

8GBのものは結構残っている印象。

あと、15インチでスペック的にも結構盛ってある、20万円を超えるものだと、在庫の流れは緩やかになるようです。

 

 

整備品の在庫をつぶやいてくれる非公式のTwitterアカウントもあるようですね。

 

在庫の出現率や滞留状況を紹介するサイトもあります。

例えば、狙っている商品が待っていれば頻繁に在庫に登場するものなのか、レアな商品なのかを確認できます。

レアな商品であれば、整備品を待つよりも他の方法で購入した方がいいかもしれません。

 

 

 

さて、整備品自体はまだ購入したことのない私ですが、知人のMacユーザー数名に聞いてみたところ、全員が

 

「欲しいスペックがあるならオススメ!」

という意見でした。

 

その方々も整備品自体は未体験なようですが、Mac自体のユーザー歴は長い方です。

皆さん共通しているのが、Macというパソコンそのものに対して、トラブルが少ない、安定して長年使えるというイメージをお持ちで、実体験として経験されていることから出た発言とのことでした。

 

 

ただ、当然多少のキズなりが付いている可能性は考えられるので、本当に初めてMacデビューするのであれば、やっぱりピカピカの完全な新品を購入する方が気持ちも高まって良いのではないか?という意見もありました。

 

僕自身もそのように思います。

 

 

今回は認定整備品について書いてみましたが、サブマシンを探している方、急な買い替えが必要で値段を少し抑えたい方、には強力な味方になってくれることでしょう!

iMac新作発表!2019

iPad AirとiPad miniの発表で油断していたら、iMacの新作も発表されていました!

 

www.apple.com

 

 

 

DTMerにとっては、CPUが新しくなったのがとても好印象です!

 

f:id:logiclife:20190320114619p:plain

ただ、Mac miniはベーシックなモデルでもSSDなのですが、iMacはまだカスタマイズしない限りフュージョンドライブなんですね。

 

実際に使ったことが無いので何とも言えませんが、フュージョンドライブ内でSSDの占めている割合はそんなに多くないようですので、SSDへのカスタマイズは必須なのかなーというのが正直な印象です。

 

メモリを16GBにアップすることを考えると結局値段が膨らみますので、もう少し世間的にSSDの値段が安くなって、iMacも標準でSSD搭載されるようになってからの購入でもいいのかなと正直思いました。

 

 

もちろん今すぐ必要な人は「買い」ですし、カスタマイズした値段で問題なければ全然オッケーだと思います!

 

 

そう考えると、グラフィックをやらない人、モニター、キーボード、マウスなどの周辺機器はすでに持っている人には、Mac miniはとってもおすすめの一台だなぁー!と改めて思いました!

iPad Air、iPad mini、新作発表!

2019/3/18、iPad AirとiPad miniの新作が公式サイトで発表されましたね!

 

iMacとかMac Proかなー?と思っていましたが、全然違いましたw

 

 

 

実は、いわゆるタブレット端末は今まで所持したことはありませんでしたが、Mac miniはあくまで仕事用ですし、ネットはもう少し手軽に楽しめるものがいいなと思っていました。

 

WindowsのノートPCもあるのですが、端末自体も大きくて重たいですし、大きな電源アダプタをつけていないと、電池が2時間で切れてしまいます…

 

 

 

iPadなら軽いし手軽にネットを楽しめていいなーと思っていた矢先なので、今後検討していきたいと思います。

 

ちなみに現在のラインナップはこちら!

f:id:logiclife:20190319092335p:plain

iPad Airの方が、iPadよりも画面が少し大きいんですね。

 

値段はストレージにもよりますが、ミニマムスペックのWi-Fiモデルなら、

  • iPad Pro(64GB)¥89,800 (税別)
  • iPad Air(64GB)¥54,800 (税別)
  • iPad(32GB)¥37,800 (税別)
  • iPad mini(64GB)¥45,800 (税別)

と、iPad Pro以外はほとんど大差がありません。

手軽に楽しみたいので、今回はPro以外で検討していこうと思います。

 

その中で注目しているのは、iPad AirはSmart Keyboard対応という点です。

メールを打ったりブログを書いたりするには、こちらが有利かもしれません。

 

搭載チップが最新のものではありませんが、iPadもお値段的には嬉しいですね。

ネットするだけならそんなにストレージも大きくなくても大丈夫かなと思いますし。

 

 

Pro以外は全てTouch IDで、ホームボタンが付いているのも注目です。

新製品は全てFace IDに切り替えてくるのかと思っていましたが、こちらの方がやはり利便性が高いのでありがたいですね。

 

そもそも頻繁に外に持ち出して使うことは想定していないので、iPad miniは検討から除外ということになりそうです。

 

 

僕の場合は、最新のiPad Airか、既存のiPadで検討することなりそうですね。

 

 

MacBook系も引き続き検討していくので、結局購入を見送るかもしれませんが(汗)、購入した際はしっかりとブログでご紹介できればと思います! 

Appleの公式サイトが暗転!新作発表!?

こんにちは!

 

最近MacBook Proの認定整備品ばかり眺めていますw

 

さて、今日もAppleのサイトを開こうとしたら…

 

 

 

 

サイトが暗転しています!

f:id:logiclife:20190318212112p:plain

 

これはもしかしたら、Appleの2019年の新作発表のためのメンテナンスなのかもしれません!

 

 

発表されるとしたら、新作は一体何でしょうか?!

 

iMacやMac Proはそろそろ新作が出てもいい時期なのかなーと素人目にも感じています。

 

 

あとは冒頭にも書きましたが純粋にMacBook Proが欲しいですw

 

Macの素晴らしさを知ってしまった以上、もうWindowsには戻れません!
(…と言いつつWindowsもデスクトップとノートを一台ずつ継続して使用していますがw)

 

 

Mac miniを買ったばかりなので、仮にiMacの新作が出ても購入することはまずありませんが、それでも何だかとてもワクワクしますね!

 

 

そんなわけで、発表が待ちきれません!
(整備品のページも見られないし…w)

Macで文字入力を快適にする(ライブ変換の停止とGoogle日本語入力)

こんにちは。

Windowsからの乗り換えで違和感を感じることのひとつに、テキスト入力している時の文字変換に癖がある、という点が挙げられます。

 

Macの場合、文字を入力していると自動的に変換されてしまうんですよね…汗

 

普通に長い文章を入力するときなどは便利だとも思えますが、ちょっと間違えて一文字だけ修正したい時などは、煩わしく思えることもしばしば…

 

 

そこで、このMacの自動変換を解除する方法がこちらです。

画面右上の「あ」または「A」と表示されているところをクリック>ライブ変換をクリックしてチェックマークを外す

f:id:logiclife:20190312170052p:plain

 

ライブ変換にチェックが付いていると、読んで字のごとく自動変換されてしまうので、このチェックを外してみましょう。

自動変換されなくなりました。

もし元に戻したい場合は同様の手順でチェックを付けてください。

 

タイプミスしていないのにタイプミスと判断されるのが困る方は、

上記メニューの一番下に“日本語”環境設定を開く…というメニューがあります。

 この設定項目で「タイプミスを修正」のチェックを外してみましょう。

f:id:logiclife:20190312180248p:plain

 

(その下に、「Windows風のキー操作」という項目もありますが…正直あまり違いがよく分かりませんでした…汗;)

 

 

 

 

 

しかしこれだけではまだ足りない方には、Appleの日本語入力システムそのものが合っていない可能性があります。

 

そこでオススメなのが、タイトルにもある「Google日本語入力」のインストールです。

こちらのリンクから、Google日本語入力をダウンロードし、インストールすることができます。

 (私はAppleの日本語入力の方が見た目が好きなのでw、Googleはあまり使用していません)

https://www.google.co.jp/ime/

www.google.co.jp

 

リンク先が表示されたら、Mac版をダウンロードをクリックしてください。

f:id:logiclife:20190312171712p:plain

 

 

利用規約を確認し、同意してインストールをクリックしてください。

f:id:logiclife:20190312171816p:plain

Finderからダウンロードフォルダを表示し、先ほどダウンロードしたファイル(GoogleJapaneseInput.dmg)をダブルクリックします。

f:id:logiclife:20190312171843p:plain

 

表示されたインストーラーを起動します。

f:id:logiclife:20190312171954p:plain


あとは画面の指示に沿ってインストールを進めてください。

インストールが終盤に近づくと下の画面になりますので、「有効にする」を選択し「続ける」をクリックしてください。

 

f:id:logiclife:20190312172100p:plain

インストール後に「インストーラをゴミ箱に入れますか?」という確認が出ますので、「ゴミ箱に入れる」を選択してください。

f:id:logiclife:20190312172142p:plain

 

これでインストールは終わりましたが、まだGoogle日本語入力になっていません。

右上の「あ」または「A」と表示されているところをクリックし、ひらがな(Google)等、Googleと書かれている入力方法を選択してください。

f:id:logiclife:20190312172533p:plain

これで設定は完了です!

 

文字を変換した後確定前にBackspaceキーを押すと、Macの場合一旦変換が確定されてしまいます。

これをやめたい場合、Google日本語入力を選択した後に、同じように右上の「あ」または「A」をクリックし、「環境設定…」をクリックしてください。

f:id:logiclife:20190312181538p:plain

 

キー設定の選択を「MS-IME」に変更します。

f:id:logiclife:20190312181610p:plain

 

文字の変換中にBackspaceキーを押しても確定されずに、元の変換前の文字状態に戻ります。

 

 

 

ちなみに、ライブ変換機能はGoogle日本語入力には無いようですので、「やっぱりライブ変換が便利だった!」という方は、Googleに切り替えた時と同様の方法で当初のAppleの入力方式に戻すことも可能です。

 

 

以上、Macの文字変換機能を自分好みにカスタマイズして、さらに快適なMacライフを楽しんでいただければと思います!

 

 

Macデビューから3ヶ月!

ご無沙汰しています(汗w)

 

Macデビューから約3ヶ月が経ちました。

 

 

色んなことを試したり調べたりの日々でしたが、二ヶ月経って思うことは、

 

 

とにかく快適です!!!

 

 

 

PCデビューから20年、ずっとWindowsを使い続けてきたワケですが、Macがこんなに素晴らしいものだったとは…w

 

 

正直、値段的な部分が一番のネックで「高いばかりの製品」と勝手な先入観でいたことについては本当に反省しますw

 

 

Studio One 4やLogic Proをよく使うのですが、かなり重たい負荷をかけてもフリーズすることがほとんどありません。

また、敢えて試験的に負荷をかけた時に一度Studio Oneが落ちましたが、アプリケーションを再起動すると何事もなかったかのように動作してくれました。

 

Windowsでは特に無理な負荷をかけた訳でも無いのにアプリケーションが落ちたりすることが頻繁にありました。

さらにアプリケーションが落ちると同時にサウンド関連のデバイスが認識されなくなり、PCの再起動をしないと使えない…というストレスがとても多かったです。

 

 

あれから大きく変わったこととしては、CapsLockキーにcommandキーの機能をアサインすることにしました。

 

従来のcommandキー、CapsLockキー、どちらもcommandキーの役割を果たします。

 

どうしても誤入力が多かったのでw

 

 

さて、こんなに快適なMacですが、やはりデメリットもあります。
というよりもWindowsのメリットと言った方が正しいかもしれません。

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

Windowsのペイントがかなり便利!!!

ということに気づきました。

Macでも画像のプレビュー画面で文字を書いたりと編集することができますが、正直ペイントツールの直感的な操作感は唯一無二だと実感しました。

 

もちろん本格的な画像編集ソフトなどを使う場合は恐らくMacに軍配があがるのだとは思いますが、私は本格的な画像編集をすることはなく、ちょっとした編集をしたい時にペイントツールがかなり重宝していたのです。

 

Windowsも廃棄せずに置いてありまして、同じモニターにつないでありますので、そういった編集をする時はWindowsを使っています。

 

 

あとは、これは一般的にも言われていて私も充分知っていたことですが、Windowsはフリーソフトの数が多いですね。

 

使おうと思っていた動画配信をするツールがWindows専用だったこともありました。

 

有料ソフトに関してはMacも対応しているので問題はなかったです。

 

 

それと、動画配信ソフトのOBSというソフトから、youtubeでPC上の音をすぐに流すことができないことも分かりました。

これはMacの仕様だそうですが、何かソフトを入れたりして変更を加える必要があるとのことです。

 

これについてはまた後日試してみようと思います。

 

 

さてさて、そんな感じで駆け抜けた?3ヵ月でしたが、冒頭にも書いた通りほとんどの場面でとにかく快適に過ごせています。

ハイパワーで省スペース、見た目もおしゃれですし最高です!

 

上記のようなデメリットもいくつか見つかりましたが、基本的にはWindowsユーザーの方も心配せずにMacに乗り換えて大丈夫だと思いますよ!

 

 

値段相応の価値があると自信を持って言えます!w

 

これからも頑張って更新していきながら、みなさんのお役に立てるような情報を提供できたらと思います!

Mac mini 2018 マウス・キーボードが反応しない

購入当初一番困ったのが、スリープから復帰する際などに、ログイン画面でマウス・キーボードが反応しないんです!

 

 

 

 

純正のBluetoothのマウス・キーボードなのに反応しません!w

 

 

 

 

ログイン画面が立ち上がって来ても、何をやってもカーソルがログインパスワードを入力するところに移動しないんですw

 

 

 

困り果てた挙句、電源が切れるまで本体の電源ボタンを長押して一旦Macを終了し、二度ほど再起動を行ったと記憶しています。

 

最終的にログイン画面でキーボードが反応するようになり、ログインできたのですが、やはりスリープ後の復帰画面で反応しなくなりました。

 

 

色々と調べてみたところ、どうやらFileVault が有効になっていることが原因だったようです…!

 

FileVaultとはMac本体のユーザーフォルダを暗号化できるもので、例えばMacBook等を外出先で盗難に遭ったとしても悪用を防ぐ可能性を高めるものです。

 

私は購入当初、初期設定でわけもわからずFileVaultを有効にしていたのですが、Mac mini本体を持ち出す予定なんて一切ありませんので、無効にしたところ問題が解決しました!

 

 

有線のキーボードであれば同様の症状が起きないという記事も目にしましたが、せっかく純正のマウス・キーボード(しかも値段の高いスペースグレイw)を買ったし、上述の通りFileVault自体私には不要でしたので、これでスッキリです。

 

設定方法ですが、

システム環境設定>セキュリティとプライバシー>FileVault

左下の鍵マークをクリック>ユーザー名とパスワードを入力

FileVault をオフにする」をクリック

で、設定を無効にできます。

(こちらは既に無効になっている画面です)

f:id:logiclife:20190312160255p:plain

 

こちらに公式サイトの記事もあります。
リンク先ページの下の方FileVault を無効にする方法が書かれています。

support.apple.com

 

同様の症状でお困りの方は一度お試しください♪